参加しませんか? 国宝・久能山東照宮 刀剣修復プロジェクト

12月になり一段と冷え込む時期になりました。皆様いかがお過ごしでしょう。日中と夜の寒暖差が激しいので風邪を引かないようにしないといけませんね。
そんな中、今熱くなるプロジェクトが始動しています。
それが『国宝・久能山東照宮 刀剣修復プロジェクト』です。

国宝に指定されている神社「久能山東照宮」で奉納されていた刀剣8振りに、錆びて修復を急いでいた小烏丸写しを含む2振り、計10振りの修繕費をクラウドファンディングで集めるプロジェクトです。このプロジェクトには「刀剣乱舞-ONLINE-」も協力しており、限定グッズの提供などを行っています。
クラウドファンディングの特徴として、寄付をすれば返礼品がもらえます。その返礼品は久能山東照宮博物館が所蔵する刀剣「無銘 光世作 ソハヤノツルキ」を新たに描き下ろしたポストカードやクリアファイル、タペストリーなどをもらうことができます。
支援は2000円~10万5000円。最高額の10万5000円を寄付すると「漆硝子の盃セット」や「刀剣鑑賞会ご招待」「ソハヤノツルキグッズセット」などの返礼品がもらえます。

12月5日に目標金額500万円でクラウドファンディングをスタートされましたが、12月7日時点で約980万円になっています。開始6時間で500万円に達したので、注目度の高いプロジェクトとなっています。

国宝・久能山東照宮 刀剣修復プロジェクト」は来年3月4日まで支援金を受け付けております。