刀に纏わるお金の話~相続~

2017年8月17日

現代日本においては、登録済みの日本刀は美術品として認められている事は
よく知られているところだと思います。

他の美術品と同じく動産として経済的価値が認められる物については、
税金が絡んできます。

一番気になるところは、やはり相続税関係ですよね。

高額な鑑定金額となれば、高額な相続税が発生します。

しかし、美術品等の鑑定を税務署が行うことはなく、
遺族側が算定することになっています。

例外としては、高名な収集家の遺産の場合などで、
税務署に情報が入っている可能性が高いため税務調査が入る可能性が高いので、
注意が必要です。

で、鑑定を外部に依頼するわけですが、
外部の鑑定業者に鑑定を依頼した場合、1点あたり1万円~2万円程度の
鑑定費用が掛かります。
鑑定の結果、数万円の価値しかなかったら、目も当てられませんね。

そこで、一般的には査定無料の刀買取業者に査定を依頼する事になると思います。

相続の関係での査定と伝えれば、それを考慮した金額の提示となると思います。

査定の結果、数十万円程度であれば税務実務上は他の家財とまとめて「家財一式」
として処理される事になります。

相続の処理が終われば、処分する場合は査定を依頼した刀買取業者に買い取ってもらう事になります。
他の刀買取業者に依頼してもいいですが、ちょっと気が引けますね。

ところで、相続税には物納が認められていますが、刀は美術品になり動産扱いですので評価順位が低く、国が認めた国宝・重要文化財以外の物納は認められないようです。