日本刀・刀剣の鑑定・鑑定書について

日本刀・刀剣の鑑定・鑑定書

日本刀の査定に関して特に重要な要素である鑑定・認定書について説明します。

日本刀を含む美術品などに対して真贋・良否の判定を下す事を鑑定、その鑑定結果を証するものを鑑定書と言いますが、鑑定書の有無によって査定額が大きく変わる場合も多く非常に重要です。鑑定書が無いために査定額が大きく減ぜられるケースは枚挙にいとまがありません。

また、鑑定書でも発行元によって信頼性が大きく異なる事にも注意が必要です。信頼性の高い機関が発行している鑑定書と、そうでない鑑定書では査定額にも大きく影響します。

1.現代の刀剣鑑定機関と鑑定書

公益財団法人 日本美術刀剣保存協会:昭和23年設立、略称は日刀保、通称「協会」です。刀剣界では最も権威が有り、信頼性の高い鑑定書の代名詞です。
刀剣や刀装・刀装具に関する審査を行い、それぞれ合格したものに対し鑑定書を発行しています。出来が良く保存状態の良いものから順に「特別重要刀剣」>「重要刀剣」>「特別保存刀剣」>「保存刀剣」となります。基本的な審査基準としては、「特別重要刀剣」は「重要文化財」に準するもの、「重要刀剣」は「重要美術品」にに準ずるもの、「特別保存刀剣」は「保存刀剣」の中でも出来が良いもの、「保存刀剣」は在銘の場合は正真であること、無銘の場合は極めが付けられるものとなります。但し、現在の規定ではどんなに出来が良くても室町以降に作られた無銘の刀剣類及び現代刀は「保存刀剣」までしか鑑定書が発行されません。また、同じ「協会」が発行した証書でも、昭和58年以前に発行された「貴重刀剣」「特別貴重刀剣」「甲種貴重刀剣」の認定書は、今日ではほとんど価値はありません。審査は、保存・特別保存は刀剣、刀装・刀装具を毎年各5回ずつ、重要については1回、特別重要については隔年に実施しています。
※審査には費用がかかります。詳しくは日本美術刀剣保存協会のウェブサイトを参照してください。

◆日本刀剣保存会:NPO法人、通称「保存会」。設立は明治43年と「協会」よりも古いのですが、残念ながら鑑定書の信頼性という面では協会に及ばない為、発行元が「保存会」の鑑定書が査定金額に影響を与えることは、殆どありません。

2.鑑定方法について

日本刀を鑑定する方法ですが、まず在銘のものは銘の真偽の判定をし、国や流派を考慮した上で、作者の作風に合致するかなどを元に綜合的に判断されます。

無銘のものは、まず姿を見て原型の状態か否か、磨り上げのものならば基の状態を想定した上で、時代の選択を行います。次にライト等を用いて地肌を観察し刀文から国や流派・作者を絞り込みます。そしてより妥当性の高い流派・作者を特定します。

※ほとんどの刀剣店はこの方法で査定していますが、所謂リサイクル系の買取店の場合、査定をする知識も経験もないため証書にたよることになり、証書が付いていない刀の査定金額は著しく下がります。

3.鑑定と査定

ここでは、鑑定と査定との違いを説明します。上記に記載しているとおり、鑑定とは真贋・良否の判定を下す事を言います。一方、査定とは、刀剣店やリサイクルショップなどの買取業者がお客様に買取金額を提示する事を指します。査定時の買取金額は実際に業者間や最終購入されるお客様との取引金額を念頭に置いて提示させていただきますので、自ずと鑑定とは異なる視点での金額提示となります。例えるならば、不動産の公示価格と実勢価格との違いに似ています。

4.鑑定の歴史

ここで、簡単に鑑定の歴史を見てみましょう。

まずは、武器としての良否を判定するための切れ味の良否の鑑別から始まりました。その昔、ナマガネで作った刀に刀工名や製作年月日を刻みハガネで作った刀として偽って売る不届き者がいたため、本物の刀である証明としての鑑定を行っていたんですね。当然の事ながらナマガネの刀は切れなかったので。その後、後鳥羽上皇の時代には鑑定を生業とする鑑定家が存在していたらしいと言われています。現代のような鑑定法は、室町時代の宇都宮三河入道が始祖と言われており、その流れを汲むのが本阿弥家と言われています。本阿弥家は、元々研ぎの家系で特に豊臣秀吉、徳川家康などに仕えた九代本阿弥光徳が著名です。芸術家としても名高い本阿弥光悦は光徳の従兄弟で分家です。

本阿弥家として江戸中期頃までに出された折紙は信頼性が高いのですが(十三代光忠まで)、その後の田沼意次時代以降折紙を乱発したため「田沼折紙」と呼ばれ信頼性は著しく低下しました。

明治に入ると、宮内省の鑑定書が発行されるようになり(合議制)、個人での鑑定は禁止されましたが、1年ほどで廃止され本阿弥家の幾人が鑑定家として独立しました。しかし、彼らの鑑定は合議制でなかたっため信頼性は低かったようです。明治33年、中央刀剣会が設立されます。合議制の元で、厳格な鑑定が行われたので非常に権威ある鑑定状でした。戦後になると(財)日本美術刀剣保存協会・日本刀剣保存会・刀苑社・日本春霞刀剣会などが合議制による鑑定を始めました。しかし、刀苑社は昭和53年、日本春霞刀剣会は平成元年、ともに主宰の死去により廃止されました。