日本刀を買取ってもらう際の注意事項

登録証がない刀は買取してもらう前に警察署の生活安全課へ

昨日、友人からおじいさんの短刀と刀を売りたいけどどうしたらいいと相談があり、友人宅まで行ってきました。結論からいうと短刀には登録証があったのですが、刀の方は登録証が見つからずということで私が刀を買取ってもらったところに代理で電話相談したところ所轄の警察に届け出て下さいということで(登録証のない刀剣類を所持することは法律(銃砲刀剣類所持等取締法第十四条)で禁止されていてそのままにしておくことは法律違反になります。)友人と一緒に警察に電話連絡の上、警察署の生活安全課に刀と印鑑を持って発見届出をしました。

※発見届は第三者とか代理の人ではできないので注意してくださいね。

無事、発見届出済証をもらって次は県の教育委員会での登録審査です。
これは都道府県で審査を行っている日にちも違うようですね。登録審査は刀屋さんにお任せしようと思っています。(つまり刀剣の登録審査は委任状があれば代理人でも大丈夫です。)

登録証がない刀を発見した時には速やかに所轄の警察署の生活安全課に連絡しましょう!

日本刀を高く売るには刀剣買取専門店が一番
そして無事審査に通り登録証が発行されたら、やはり日本刀買取を専門に行っている刀屋さんに売るのが一番高く買取ってくれると思います。(詳しくは日本刀を売ってみたを参照)