映画「関ヶ原」 福島正則の愛刀

前回、西軍の大谷刑部の愛刀を紹介しました。今回は東軍の福島正則の愛刀です。
豊臣秀吉に幼いころから仕え、秀吉の七武将の一人です。秀吉の死後、自身の武勲を握りつぶした三成を憎み、討ち取ろうとしていました。そのため、関ヶ原合戦では東軍である徳川家康につきました。関ヶ原では宇喜多秀家勢相手に奮戦しました。

福島兼光(ふくしまかねみつ)

さて、福島正則の愛刀ですが『福島兼光』といわれています。
備前長船兼光作の太刀で、正則が広島城主だったころ城下の本国寺の住職を処罰した際、本刀が同寺にあることがわかり、それを没収して所有しました。正則の死後、加賀の前田家が所有しました。刃長は二尺五寸三分五厘(約七六・八センチ)あり、現在は重要文化財となっています。

正則も愛刀家だったようで、相州正宗作の『福島正宗』や相模守藤原政常作の脇差、青木来国次の短刀など多くの刀剣を所持していました。
秀家勢一万七千と戦った正則の奮闘ぶりも見逃せないところです。